うつ病は脳の病気!正しい知識で病気を理解しよう

休職と復職

カウンセリング

うつ病の原因と考えられているのがストレスです。そして、ストレスは誰にでも生じるでしょう。また、ストレスを溜め込んでしまうと、多くのエネルギーを消費してしまいます。このエネルギーを使い切ってしまうと、ストレスに対処することは難しくなってくるでしょう。脳の神経伝達物質が正常に分泌されなくなり、うつ病を発症してしまうのです。基本的に、エネルギーを回復させるためには十分な休養が必要となります。社会で働いている方は、休職することになるでしょう。十分にエネルギーを蓄えてからでなければ、社会復帰は難しいのです。社会復帰するまでに必要なエネルギーを充電できなかった場合、病気を再発させてしまう可能性が高まります。

基本的にうつ病を患ってから、社会復帰するまでには長い時間がかかってしまうでしょう。この時、4つのポイントを押さえておくことが重要です。まずは、上記でも紹介したように休養が必要となります。これは、病気の原因であるストレスから距離を置くためです。社会で働いている方の場合、職場でストレスを溜めていることがとても多いと言えるでしょう。仕事を休むことで、ストレスを軽減させることができるのです。また、心と体の調子を整えるようにします。これが2つ目、3つ目のポイントです。感情や気分を安定させることで、ストレスに強い心を作ることができます。また、体の調子が悪く、体調が崩れてしまうとストレスが溜まりやすくなるでしょう。休養中にしっかりと体調を整えるようにします。

4つ目のポイントは無理をしないことです。休職してしまうと、多くの方が焦ってしまいます。ですが、焦って無理に頑張りすぎてしまうと、心と体に大きな負担がかかってしまうのです。すぐにエネルギーを使い果たしてしまうでしょう。そして、うつ病を再発させてしまうのです。まずは、徐々に慣らしていくようにします。無理をしないように心を落ち着けていきましょう。生活リズムを整えることも大切です。同じようなリズムで生活することによって、エネルギーの消費を抑えることができます。病気の休養から復職する際は、誰であっても嬉しいものです。ですが、嬉しいからと言っていきなり全力で頑張るのは危険だということを覚えておきましょう。無理をせず、健康な状態を維持することがとても重要なのです。