うつ病は脳の病気!正しい知識で病気を理解しよう

精神疾患と女性

ハート

最近では女性のうつ病患者が増えてきていると言われています。理由としては、女性の社会進出の影響も考えられるでしょう。現代社会はストレスが生じやすいと言われています。その影響から、ストレスが原因であると考えられる精神疾患のリスクが高まってしまうのです。社会で働く女性の方は、十分に注意する必要があるでしょう。また、男性よりも女性の方がうつ病などの精神疾患を発症しやすいと言われているのです。実際に、女性の精神疾患患者は年々増えてきています。何が理由で、精神疾患を発症しやすくなっているのかを調べてみましょう。理由が分かれば、対策を取ることもできるようになるからです。しっかりと対策できるようになれば、安心して働くことができるでしょう。

基本的に女性がうつ病になりやすい理由として挙げられているのは、ホルモンの違いです。男性と女性を比べると、女性のホルモンはデリケートだといわれています。その為、ストレスも感じやすくなってしまうといえるでしょう。ちょっとしたことで、ホルモンバランスが崩れてしまいます。感情をコントロールすることが難しくなってしまうため、大きなストレスが生じるでしょう。さらに、女性は男性に比べるとセロトニンの分泌量が少ないとされています。セトロニンには気持ちを落ち着け、安らぎを与えてくれる効果が期待できるのです。女性はこのセロトニンの分泌量が少ないために、ストレスの影響を大きく受けてしまいます。うつ病のリスクを高めてしまうといえるでしょう。

ストレスの原因は人それぞれでしょう。ですが、女性の場合はストレスが生じやすいと考えられています。基本的に環境が変化することで、ストレスが生じるでしょう。女性の場合は出産などの影響からストレスが生じてしまうのです。社会で働いている女性の場合は、より大きなストレスを感じてしまうことになります。さらに、産休や育休などの問題からもストレスが生じるのです。きちんと休みが貰えるか心配になり、それがストレスとなります。最近では産休や育休の問題も解消されてきていますが、まだまだ完璧とは言えないでしょう。このように様々なことからストレスを感じてしまうのが女性なのです。ストレスを感じる機会が多くなると、うつ病を発症しやすくなってしまいます。